« 『スクール・オブ・ロック』の続き | トップページ | マシューの番組 »

『ドーン・オブ・ザ・デッド』

主役の女性が『バロン』でバロンになついていた
ちっちゃな女の子サリーの女優さんだと知ってビックリ
外国の女性は成長するとふくよかになるのが
デフォだと思いこんでたから
例:キルスティン・ダンスト(『若草物語』から
変わりすぎ!)
  
映画は、主人公(アナ)が病院でいつものように
仕事をこなしているところから始まる
勤務を終え、帰ってきて恋人か夫と
(パンフ買ってないんで、詳細わからん)
イチャついた後シャワーを浴びる
ニュースでは各地で異変が起きてるという
情報が頻繁に流れているが、気にとめない

バス・ルームから出てくると、誰かが訪ねてくる
近所の女の子(ヴィヴィアン)が
ゾンビ化してる。驚くアナ
彼女から逃げまわっているうちに
彼氏が襲われて傷を負う
あきらめてバスルームヘ閉じこもるアナ
ゾンビ化した彼氏がバス・ルームのドアを激しく
たたく
バスルームの窓から外へ逃げ、車で逃走
一夜にして、彼女たちの住んでいた街も
ゾンビ・タウンになっていたことに
パニック状態のアナ

ショッピングモールを見つける
警備員たちに断られそうになるが
なんとか入れてもらう

   略

ショッピングモールの屋上へ出ると
向かいの武器屋の屋上に一人で応戦してる
店主を見つける

   略

このままではラチがアカンとモールから
脱走するということで意見が一致

脱走成功

しかし、ヨット・ハーバーに係留していた
ヨットの持ち主(アナが密かに好意を
抱いていた=スティーヴ)は乗船を目前にして
ゾンビに襲われてしまう
「おれのことはいいから、早く逃げろ」と
言う
悲しむアナ

エンディング(ヨットに置いてあったヴィデオを
再生してみる一同)

島にたどり着く

果たして彼らを待っていたものは?

ヒロインがカワイイ以外は
ムゥーンって感じですか

完全版のDVD出るなら買うわ

|

« 『スクール・オブ・ロック』の続き | トップページ | マシューの番組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34653/877207

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドーン・オブ・ザ・デッド』:

« 『スクール・オブ・ロック』の続き | トップページ | マシューの番組 »