« Wスタンバイ!at 大阪夜(その2)完 | トップページ | さゆからのお願い »

Wスタンバイ!at ZEPP SENDAI

連れの一人が仙台参戦後、代々木SPヘ。
熊さん休んだらしい

桃子「清水のご隠居さまぁ、ご覧ください。景色はサイコーでございます」

佐紀「うん、素晴らしーい!

桃子「この山をくだれば、仙台市に到着でございます」

佐紀「徳さんや(徳「はっ」)桃さんや(桃「はっ」)
道が二つあるがぁ、どっちから行きましょうか」

徳「ご安心を。わたし、地図で調べたのですがぁ、
こっちの道の方が近道でございます」

佐紀「さすが徳さん。来月小遣いアーップ!」

徳さん「イエー!」

桃子「ご隠居さまぁ。地元の方に訊いたところによるとぉこっちの道の方が
安全だそうです」

佐紀「桃さん、ジモティーにナイス・コンタクトォ。じゃあ、そっちから行こう」

桃子「ハイィ!」

徳さん「あぁっ!!そちらの道には、なんだか不吉な予感がします」

佐紀「不吉な予感?」

徳さん「はい。そちらの道には鬼(強調)がいそうです」

佐紀「鬼はまずいねえ。わたしはこの世で、鬼(強調)と犬が苦手なんです」

徳さん「わたしも苦手なんですよー」

佐紀「鬼ってぇ、どんな鬼ですかぁ?」

徳さん「鬼は鬼でもぉ、アノ、桃太郎に出てくる、怖ーい鬼。
略して“モ・モ・オ・ニ”!!でございます」

佐紀「桃鬼はマズイねえ。業務連絡業務連絡ぅ。反対の道へ行きましょう」

徳さん「やったー!」

桃子「ひぃーんひぃーん、ひどぉい。わたしぃ、一生懸命地元の人に
訊いたのにぃ、しかもぉ桃ぉ桃ぉってぇ‥」

徳さん「泣いちゃいましたよぉ」

佐紀「別にぃ、桃さんのこと言ったんじゃないよぉ。わかりました。
じゃあ、こっちの道を行きましょう」

徳さん「えーっ!マジっすかぁ」

佐紀「仕方がないです。さあ、もう泣かないで。
桃さんのような美人に、涙は似合いませんよ」

桃子「よく言われますー」

二人「嘘泣きかよー」

佐紀「では参ろう。今晩、何食べるぅ?」

徳さん「はい。わたしはこの山で採れた山菜ご飯が食べたいです」

佐紀「桃さんは?」

桃子「わたしは、サーロインステーキが食べたいでーす」

佐紀「そんなのあるわけないでしょう」

徳さん「ご隠居さまは?」

佐紀「そうだ。ピザを頼みましょうか?」

徳さん「そんなの、もっともっと、もーぉっと無いですぅ!」

ののたん「たーすけてぇー!旅のお方、助けてくださいませぇ」

「どうしました?」

ののたん「ものすぅっーごいでっかい大きいモモンガに襲われております」

「モモンガはヤバイんだよ」

徳さん「ご隠居、ここはわたしに任せてください」

SE

徳さん「来たー。早くさがってぇ。ヤーッヤーッヤーッ!!
あっちに行けーモモンガー!おぉモモンガが逃げていきましたぁ」

佐紀「お見事ぉ」

ののたん「いや。いやいやいやいやあのぉ、今ぁあそこに
何もいなかったよねー?なんも無かったよねー?」

徳さん「いました」

ののたん「いた。あ、そう。わかりました」

徳さん「それにしてもぉ、モモンガは嫌ですねー」

三人「嫌ですねー、モ・モ・ン・ガ。ねえー」


桃子「ひぃーんひーん、ひどぉい」

徳さん「また泣いちゃったぁ」

桃子「みんなでぇ、桃ぉ桃ぉって、ひどーい」

「だからぁ、桃のこと言ってるんじゃないってばぁ」

「もう泣かないのぉ。そんなに泣いたらぁ、カッワイーイ顔が台無しです」


桃子「よく言われますー」

「あら、そうですかー」

「得意技の言葉なんですよ」

ののたん「あっあぁ、そうですか」

「お嬢さん、またモモンガが来る前に山を下りなさい」

ののたん「はい。このご恩は一生忘れません。ありがとう、あなたにもありがとう。
キャプテンには身長勝ちましたぁ。さよーならー」


◎あいぼん「たーすけてーっ‥たーすけてーっ!!」

「どうしました?」

「とても怖いものに追われておりますでございます。い痛ぁ」

「どうしました?」

あいぼん「いやぁ、あんまり走らないもんですから、走って、
脚がぁ太腿がつってしまいました。

「太腿がつると、痛いんだよねぇ」

あいぼん「ねえ」

「痛いですねー、フ・ト・モ・モ!」

桃子「ひぃーんひーん、痛いんですよねぇー」

二人「そうきたかぁ」

佐紀「とりあえずここはわたし達に任して、あなたは早くお逃げなさい」

あいぼん「このご恩は一生(強調)忘れません。
どうもありがとう、ホントにどうもありがとう!!
よくわかんないけど、頑張りましたぁ。バイバーイ」

ふつうに帰りました

佐紀「徳さんや(「はっ」)桃さんや(「はっ」)、準備はいいですか?」

二人「はい」

佐紀「三人で力を合わせて悪いやつをやっつけましょう」

徳さん「ご隠居もいっしょに戦うんですか」

佐紀「任せなさい。さっきも言ったが、鬼(強調)や犬でなければ、
悪いやつの一人や二人くらい朝飯前です。ハッスルハッスルゥ」

徳さん「あぁご隠居ぉ!向こうから何か気配がぁー」

佐紀「徳さんや桃さんや、戦いの時がきましたよ。さあ構えてぇ」

二人「はいぃっ」

佐紀「徳さんやぁ、何か見えましたかぁ?」

徳さん「いいえ、まだ何もぉ」

佐紀「桃さんや、何か見えますか?」

桃子「あっご隠居さまぁ、見えましたー」

佐紀「桃さんや、相手は何人ですぅ?」

桃子「えぇっとぉそれがぁ‥」

佐紀「早くぅ!徳さんやぁ、相手は何人ですかぁ?」

徳さん「何人と言われてもぉ、それはぁ‥」

SE:犬の遠吠え

二人「十匹ですー」

佐紀「徳さんや桃さんや」

二人「はいいっ」

佐紀「撤収!」

二人「ラジャー!ヤヴァイヨヤヴァイヨヤヴァイヨーッ‥」

|

« Wスタンバイ!at 大阪夜(その2)完 | トップページ | さゆからのお願い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34653/1790324

この記事へのトラックバック一覧です: Wスタンバイ!at ZEPP SENDAI:

« Wスタンバイ!at 大阪夜(その2)完 | トップページ | さゆからのお願い »