« 『空の境界』 | トップページ | 一週間ないわけだが »

『ハイド アンド シーク』

ダコタ・ファニングちゃんキャワ!!!!!
こればっかり

あのコマーシャルで
警官に絵を見せて「あなたよ」
「死ぬの」。
これだけだと『明日が見える(藤子不二雄)』の
パクリだと思ってしまう。紛らわしい。

デ・ニーロが珍しく一般人役を‥
しかし。
最初はエミリーの自演か人格交替と、
父親(デ・ニーロ)が包丁持って
侵入者を脅したときに、彼の人格交替だと
わかる。
でも、エンディング直前に意味深な絵が。

|

« 『空の境界』 | トップページ | 一週間ないわけだが »

コメント

はじめまして。
コメントありがとうございました。
ダコタ・ファニングの演技は鬼気迫ってましたね。
デ・ニーロが普通過ぎ・・・。

投稿: syosei7602 | 2005/05/03 01:34

はじめまして。
>デ・ニーロ
物足りなかったですね
ジャック・ニコルソンだと、
チャーリーに力入りすぎたかな

投稿: シャンブロウ | 2005/05/03 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34653/3925978

この記事へのトラックバック一覧です: 『ハイド アンド シーク』:

» ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ [MOVIE SHUFFLE]
『HIDE AND SEEK』 アメリカ/2005 監督:ジョン・ポルソン 出演:ロバート・デ・ニーロ ダコタ・ファニング ファムケ・ヤンセン 「チャーリー チャーリー チャーリー!」 名優ロバート・デ・ニーロと名子役ダコタ・ファニングの共演が話題を呼んでいるサイコホラー。 監督はサイコ・サスペンス「プール」のジョン・ポルソン。 共演は「X-MEN」「X-MEN2」のファムケ・ヤンセン、「リービング・ラスベガス」のエリザベス・シューなど。 <あらすじ> 心理学者デ... [続きを読む]

受信: 2005/05/02 00:43

« 『空の境界』 | トップページ | 一週間ないわけだが »