« 『ポビーとディンガン』 | トップページ | 『ポビーとディンガン』 »

『ポビーとディンガン』

パートを解雇されてしまう嫁さん。
しかし、彼女を解雇した女性も決して
悪気があってのことではないのだ。
ケリーアンが店に買い物に来ると、
いつもポビーとディンガンのぶんのキャンデー
(飴ちゃん)をくれる、いい人。
住人のイヤガラセで、庭にあるバン
(ケリーアンはいつも
ここでままごとをしてる)放火されたり、
兄アシュモルは学校で自転車のハンドルに
ネズミの死体をぶら下げられたりする。

父親の裁判が近づいてくる一方、
ケリーアンは精神状態が不安定になり、
体調も崩してしまい、入院してしまう。
そんな妹を見て、客観的だったアシュモルは
捜索願のポスターをコピーして作り、
街中に貼ったり、
鉱山の採掘坑に降りていったりして
二人を捜す。

|

« 『ポビーとディンガン』 | トップページ | 『ポビーとディンガン』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ポビーとディンガン』 | トップページ | 『ポビーとディンガン』 »